私が今まで訪れた国、地域、知り合った仲間、そして現在の私「らしい」生活をお送りします。仲間よ集まれ!!


by n88eta222
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

我が家の食卓

本日の我が家の夕食をちょこっとご紹介。

今日のメインは何と言っても「真鯛(まだい)の刺身」。

今朝取れたタイ2匹を知り合いから頂きました。

熱湯にサッとくぐらせ、刺身で食べました。
いやぁ~、うまぁ~~~~~~~~~~~~~~ぃっ!!

鮮度と歯ごたえは抜群です。

そして頭は小ネギとお吸い物に。

d0120021_23475647.jpg




こちらは母が手入れしている畑でとれた無農薬野菜たち。
やわらかくて、甘いのが特徴。

そして姉作の砂肝の炒めもの。

d0120021_23532190.jpg



デザートには埼玉から送られてきた、さくらんぼ。
1パック、ぺロリと食べてしまいました。

d0120021_23542517.jpg



一体いつになったらダイエットが始まるんだろう。。。??
[PR]
by n88eta222 | 2007-06-23 23:55 | 料理; cuisine

日本の夏

日本の夏もすぐそこです。

我が家は今夜も蚊取り線香。

いいですねぇ~ 風情があって。

世界中の皆さんが少しでも日本の夏を思い出せますように。。。
d0120021_04062.jpg

[PR]
by n88eta222 | 2007-06-23 00:40 | 佐渡生活;sado life
梅雨の時期になりましたねぇ。

d0120021_18205656.jpg




d0120021_18221726.jpg




私はシトシト雨が昔から好きで、なんとも今の時期は幸福感でいっぱいです。

d0120021_18225225.jpg




d0120021_18232484.jpg




大学生のとき、イギリス人の先生のクラスで「自分の好きなもの」について発表したときも私は「雨」を選んだくらいです。雨、大好きです。

d0120021_1823513.jpg




なんでしょうね、この憂鬱感というか気だるさ。そしてシトシト雨のセクシーさ。分かりますか
ね?

d0120021_18245513.jpg




そして梅雨の時期、露や雫を覆った植物達は一層美しく見えます。

日本に生まれてよかったなぁ~と感じる瞬間です。

d0120021_18265765.jpg



[PR]
by n88eta222 | 2007-06-22 18:27 | 佐渡生活;sado life

死海パック

イスラエルから持ってきた死海のパック。

自分用と、家族用と、友達用と。。。膨大な量を持ち帰ってきました。

まずは毛穴引き締めに効くパック。乾きが早くて即効性ありあり。1年中使えます。
洗い流した後は気持ちしっとりです。(ここのメーカーのが一番よかったです)

d0120021_2365835.jpg



こちらはしっとり感がもっと増すタイプ。使用後、洗い流す必要も、化粧水・乳液・美容液をつける必要もありません。

ニュー液のようなトロッとした液を顔全体に塗り、5分ほどおく。そして付属でついてくる青いロウのようなマグネットストーンをクリームののった顔に滑らせると、摩訶不思議!!!なんとこのマグネットがクリームを吸い取るんです!!! その吸収されたクリームはいずこへ??と思われるかもしれませんが、私も分かりません、謎です。このマグネットを使えば使うほど(マグネットが吸い取れば吸い取るほど)、マグネット自体は小さくなってゆくのです。。。謎。

ちなみにこちら、今は多くの雑誌で取り上げられています。

私はイスラエル人の友達から頂いたのですが、それは2年前で、当時その友達は『日本に輸入したいんだ』と言って、死海グッズ輸入会社を設立(当時、友人はまだ大学院生でした。。)し、この商品に目を付けていたのです!!(先見の目がかなりあり!!)
今は有名デパート等で高級パックとして売られています。

d0120021_2444345.jpg


d0120021_2451627.jpg




入浴剤用の塩です。(死海の原塩100%)
かなり強力なので、浴槽にスプーン1杯で十分です。
発汗性は岩盤浴よりもサウナよりも強いと思われます。
[PR]
by n88eta222 | 2007-06-09 02:47 | 美容と健康;Beauty

目洗い地蔵

佐渡の相川町、達者には目洗い地蔵という場所があります。


d0120021_1652357.jpg



d0120021_1661365.jpg



d0120021_167145.jpg



d0120021_1694056.jpg



そもそも、達者の地名は、森鴎外の小説[山椒太夫」で知られた、安寿と厨子王伝説に由来します。

その昔、悪者の陰謀で、筑紫の国へ流された父を訪ねて、母と安寿姫と厨子王丸の3人は越後の直江津まで来たとき、人買いだまされて安寿と厨子王は丹後の国へ、母は佐渡へと売られてしまいました。

途中、安寿と厨子王はうまく人買いの手を逃れましたが、母は佐渡の鹿ノ浦の地で朝から晩まで働かされ、とうとう目が見えなくなってしまいました。そんなおり、母を助けに佐渡へ着いた二人は島の広さに驚き、ふたてに分かれて母を捜すことになりました。安寿姫が鹿ノ浦までやってくると、年老いた母が「安寿恋しやホーヤレホー厨子王見たやホーヤレホー」と唄いながら、粟にたかる鳥を追い払っているではないですか、「お母さん、私が安寿です。逢いたかったです。」とかけよりましたが、目の見えぬ母は「また来たか!このいたずらもんが!」と、いつも近所の子供たちにからかわれていましたので本当の安寿姫とはつゆ知らず、鳥を追い払っている棒で殴りつけてしまい、打ち所が悪くこれがもとで安寿姫は息を引き取ってしまいました。後になり安寿姫のお供の者からすべてを知り、実の娘と知った母は泣き崩れ、安寿姫の亡きがらを鹿ノ浦に葬り、せめて厨子王丸とは逢って言葉を交わしたいと、お供の者と一緒に相川の町へと向かいました。

その途中で、母は厨子王丸に逢うことが出来、二人は、逢えて良かった、「達者で良かった」と喜び合い、厨子王丸が近くに湧き出す清水で母の目を洗ってあげたところ、目が見えるようになったと伝えられています。

そして、厨子王丸と母が出会った場所は「達者」という地名で現在も残り、この達者にある清水が湧き出る場所はいつの頃からか目洗い地蔵が立ち、現在でも島内の目を患っている人々の助けとなっております。(以上、佐渡の伝説(2)より)


この目洗い地蔵の坂を上っていくと、途中にお風呂があります。

d0120021_1611669.jpg



d0120021_1611576.jpg



d0120021_16124239.jpg



d0120021_16132721.jpg



ここが今回お勧めしたい場所です。何十年と続くこのお風呂は、年中無休・24時間自由・もちろん無料の天然のお風呂です。代々、ボランティアで地元の方が早朝からお風呂を沸かしてくれています。私が知っている中でも、肺がんの方の癌細胞がなくなったり、アトピー・帯状胞子・婦人科系の病気が治った人がいます。私も治りました。

d0120021_1638336.jpg



d0120021_16391329.jpg



また、エステなんかにいかなくても肌はツルツルになります。私も各国でエステをやってきましたが、ここには敵わないですねぇ~。

蒔き(まき)で炊かれたお風呂なんで、心底暖まりますし、入浴後は全く冷えません。

木々に囲まれた環境の中、心と体を温めにいらしてはいかがでしょうか?

d0120021_1640678.jpg



d0120021_1640588.jpg


[PR]
by n88eta222 | 2007-06-03 16:13 | おすすめの場所

お手製

今やコンビニに行けば用が足りる時代、これだけはっ!ってものがありませんか?

そう、「お袋の味」。これはビッグビジネスのコンビ二でも太刀打ちできませんよね。

昨日、我が家の夕食はハンバーグだったんですが、これは我が家の「お袋の味」ベスト10に入ります。作り方は至ってシンプルなんですがなんともジュ~スィ~なんですね、これが。中身はぎっしりなんだけどフワフワしてます。母にレシピを聞こうとしても、いつもタイミングがずれ。。。(私は見て覚えるほうなんで)

いつかは技、盗み(パクリ?)ます!


d0120021_15205413.jpg

[PR]
by n88eta222 | 2007-06-03 15:16 | 料理; cuisine

視察?

散歩途中で見慣れない人を発見(しかも外国人)。

その人はなにやら日向ぼっこ&井戸端会議をしている「ばぁ」達に話しかけている。

?と思いきいてみると、どこかの国の教授らしい。

そして佐渡の「刺し子(さしこ)」について研究していて、「ばぁ」達から情報を集めているとの事。

「さしこ」という言葉は聞いた事があったけど、何だかよく分からなかった私は教授と共に刺し子の説明を受けることに。ちなみに刺し子(さしこ)とは、手芸の一分野で、布地に糸で幾何学模様等の図柄を刺繍して縫いこむこと。(保温、補強等のため木綿布に木綿糸で補強したものが始まりとされている。藍色の木綿布に白糸で刺すものが定番であるが、最近では、布/糸ともカラフルな色合いのものもできてきている。) 教授は佐渡の刺し子が生活の中のどんな位置づけ
で、どのように使われてきたのかを真剣に聞いていました。

お恥ずかしながら、佐渡以外から来られる方のお陰で、地元のことをもっとよく知る事ができました。ありがとうございました。教授~


d0120021_1591374.jpg




d0120021_159471.jpg



[PR]
by n88eta222 | 2007-06-03 15:09 | 佐渡生活;sado life

ふと思うこと

散歩にでて草木を見ながらふと思うこと。

(なんだか人間て贅沢なのかな?)


d0120021_14513496.jpg



大きなことでも小さなことでも悩んで、あーでもない、こーでもないと言い、一つ願いがかなうと次の願いがもう待っている。


「感謝」の目線で見ればどうってことないのに、小さなことが気になって、こだわって。
そんな自分を見つめなおした一日でした。

皆さんもありませんか、そんな一日。


d0120021_14553762.jpg


[PR]
by n88eta222 | 2007-06-03 14:55 | 佐渡生活;sado life

ツバメ 2007

今年も恒例の如くツバメが巣を作りにやってきました。

いつも巣を作る場所は決まっていて、去年は蛇にやられたそうです(ご愁傷様)。

今年は蛇対策として巣の両脇に白のタオルをぶら下げ(迷信らしいです!)、今のところは無事です。

しかし、ツバメの夫婦はえらいっ!
四六時中、巣を見張っていて、二人揃えば向き合って仲良くしてます。
こんな二人を見ながら育つツバメの子はさぞかし幸せだろう(ツバメの子の気分)。


d0120021_1449888.jpg



[PR]
by n88eta222 | 2007-06-03 14:49 | 佐渡生活;sado life

散歩での出会い

私は毎日2回は散歩をします。

もともとは犬の散歩の為でしたが、今では専ら自分の健康のため。
そんな日々の散歩の中での出会いは貴重です。

子供からお年寄り(じぃちゃん、ばぁちゃん)までみんな家族に話しかけるように気さくに声をかけてくれます。


この日は散歩の途中で、どこからともなくシャボン玉がフワフワ~~っと。
そのシャボン玉を追いかけていくと、3世代で暮らす一家の皆さんにばったり。

核家族が増えている中、おじいちゃん・おばあちゃん(佐渡弁でじぃ・ばぁ)から昔の知恵を学び、共に生活していく人たちは貴重なんではないかと思う今日この頃。親が気づかないこと、叱ってやれない所をじぃ・ばぁがフォローする。これぞ家族のあるべき姿、「助け合い」なんじゃないかと思う。やっぱり人生の先輩から得るものは大きい。


d0120021_14263320.jpg




しばらく行くと小学校の集団下校に遭遇。20年くらい前は男女別々の集団下校ができるくらいの人数がいたけど、今じゃ1年生から6年生まで男女併せてこの1列のみ。少子化を目の当たりにしたような、ちょっと寂しい気分になった。

けど、無邪気に遊びながら帰る姿はあの頃と同じで、なんだか見ていて微笑ましかった。(あの頃は~)なんて昔を思い出してみたり。


d0120021_14412481.jpg




d0120021_1442244.jpg



[PR]
by n88eta222 | 2007-06-03 14:42 | 佐渡生活;sado life